テーマ:思い・念い・想い

思い・念い・想い(5)

想い、願い、感じる 想いと言うのは一つの個性の志し、意志 念いと言うのは想いの照射 これには良い想い、悪い想いがある 思いと言うのはそれぞれ感じることが違う 人間には欲と言うものがある 自分に無いものを欲する 自分にできないことを欲する 人も社会も欲で進めら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い・念い・想い(4)

思い・念い・想いがないと全ては存在しないし 発展も形を見ることもできません この世に生まれて自我を持ち始めます この自我は自分そのもので一つの個性を持っています 想いがあり個性が発するエネルギーが違います このエネルギーの違いは勿論想いの強さです つまり、エネルギーとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い・念い・想い(3)

泉のように想いが湧き出てくる その思いが外のものを感じる 内のものが外のものに願いを託す 形としてないものが形あるものを操って行く これが思い・念い・想いではないか? 想いの元にあるものは良い想いで「創造的な思い」だと思う その思いが人によっては好意的に思うし 好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い・念い・想い(2)

肉体は訓練をすれば反射的に動くようになります これはスポーツなど反復練習によって脳が支持をしなくても動くということです 言い換えれば脳には命令をする働きがある 肉体には脳の命令を聞く働きがある もう一つ肉体自体が命令系統を持っているということになります 自律神経と言われますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い・念い・想い(1)

想い、思い 生き物には何故か「想い」と言うものがあります 特に人間には動物とは違う想いを持っています 想いとは何でしょうか? 何故思うのでしょうか? 感情とは又、違うのでしょうか? 想いの元となるのは何でしょうか? 人がこの世に生まれ体重3000gだったのが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more