テーマ:経済

経済活動(18)

経済活動についてはこれで最後になります 経済活動は衣食住 戦争、震災などで大地が草木も生えない状態になっても 自然が生きている限り必ず再生し、人間も生きて行きます 再生するには時間が必要だから暫くは待たなければなりません 本来、自然は育つための時間、巡るための時間が必要です …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済活動(17)

社会は心の反映であり 経済活動は心そのものです 思っていること したいこと 欲しいもの 人はそれを満たすことが人のためであり、人が喜ぶものと多くの人が思っています お金、物は本当に素直なものです 汚いお金 贅沢品 「汚いお金」と言っている人が汚いお金に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済活動(16)

最初に言っておきますが経済活動の中で 人の心を狂わせたのが、ローン社会と24時間社会です 何時しか24時間都市ということがいわれるようになり 人の心はそれを「良し」としました 今や当たり前で、24時間人が動いている 24時間電気がついている 24時間仕事をしている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済活動(15)

自然の巡りに殆ど無駄なものはありません 殆んどと言ったのは殆ど変化しないもの それが人の手で宝石などになっている訳です 自然の中の巡りと人間社会での巡り 川の流れのように流れなければ淀んで腐った水になってしまいます ガスが発生したりして綺麗な巡りとは言えません 使い捨て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済活動(14)

ローンは先取り ローンをしなければ物が何時手に入るか分かりません それは面白くないこと でも自分が、社会が崩れてしまうと本も子もなくなるのですから 面白い人生、面白い社会にするためにもここは心棒です 先の見通しがつくまでの暫くの心棒です。 一時しのぎの小細工は通用しませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済活動(13)

借金(ローン)は現在、殆どの人がやっていると思います そして「ローン」に対して現在の人は当たり前なことだと思っているように見えます 罪の意識がない、罪でもないのですが、僕は借金は恥だと教えられてきました 先取り、お金のない人がお金を借りて物を買うということですから ローンとはローン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済活動(12)

経済活動は衣食住をより良くするもの これは人には不可欠なものです そして人が持っている欲によって進められてきました 機械の発達 美意識の向上 技能の発達 流通の進化 昔から力のある者が力のないものを奴隷にして 繁栄するという支配欲がありました 産業革命…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済活動(10)

人が生きて行く上で衣食住は基本です そして今まで、より良い衣食住を求めての経済活動でした そして各々分野にて能力のある者が社会をリードして 能力のないものは社会の進む速度について行く状態でした この時に第一次産業が置いてきぼりになり 産業界でも産業に不向きなものはついて行けず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済活動(9)

オイルマネー 原油の産出で儲けた国 同じ国でありながら政治的に利用された国があった 力の弱いものは昔から奴隷になることが多かった 強いもの勝ち 早い者勝ち 戦争を好まないものはどうしても身分が低くなります 人を傷つけてはいけないと思い、武器を好みません 逆に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済活動(8)

経済活動は衣食住を豊かにするための活動です 原始の時代から機械の発達と共により快適に、より便利に、より豊富にとすすめられてきました しかし、機械化により人の手が段々と必要とされなくなってきました ある人は働かずにお金の運用という方法で利益を得ようとしています これは「種が根を張り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済活動(7)

人間には幾つかの本能・欲があります 競争に勝つこと 領土を広めたい 支配したい これらは本当に人間の本能・欲でしょうか? 第一産業の時は領土の取り合いがありました これは民を守るためと領土を広げ、食料を豊富にすること 第二次産業の時は生産で競争がありました …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済活動(6)

経済活動は二次産業から三次産業へ 時代が進み、新しい機械が出来、生活がすごく楽になってきました 生活にも余裕ができ、娯楽、旅行など 生活以外の時間も持てるようになりました 機械が進歩したことによる生活の充実 医療、介護、ボランティアなど心のケア― サービス業もどんどん増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済活動(5)

これは何回も言うつもりですが 時代の流れにどう対処していくか? 政治家、経営者、官僚が国のかじ取りをしていると言われますが 本当は国民1人1人なのです 国民が人任せ、責任逃れをしているのです 国が悪くなるのは政治家が悪い 会社が悪くなるのは社長が悪い 今回の原発の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済活動(4)

敗戦後、復旧復興 とにかく復興、とにかく大量生産 追いつけ追い越せ 経済は競争が原理と言われます しかし、この競争は「物の豊かさ」に偏った間違った競争でした 敗戦の経験から「物の豊かさ」に進んで行った中で、何が大事かを見失ってしまったのです 物の豊かさが人を幸せにすると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済活動(3)

第一次産業、第二次産業 ここまでは男の仕事が多く、男の社会でした 生産技能が発達して生活は勿論の事 生産自体がより早く、より便利なもの、より高度なものへと変化していきました この時点では物とお金は釣合の取れたものであったと思います しかし、豊かな生活が常識化していった中で …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済活動(2)

人を含め生き物は空気、水、火、大地など 生きる環境の上で成り立っています そして衣食住 この衣食住も自然の中の物を利用したものです ライフラインが大事だと言われていますが 自然の恵みはそれ以前に大事なものです 経済活動を進める中で天地の恵みを疎かにすれば 成り立た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済活動(1)

経済ありき? ここまで進んだ現代社会では経済を抜きにしては考えられません 日々の経済活動の中で生きている 食べる、住む、作る、これは人が生きる基本であり、なくてはならないものです 原始の時代は動物などの狩り、山の物の採取 自給自足、その日暮らしで経済活動はありませんでした …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more