意志の始まり

私たちが何処かへ行くのも、何かを作るのもそれに対する意思がなければ成り立ちません。

つまり、大きな意思(神)があって大地が作られ、自然が作られ、そして、生き物(人間を含めた動植物)を創られた。

生き物の中で自由に動ける足、自由に使える手、そして、知恵を持った人は社会を創り始めた。

本能か、宿命か、使命か。大自然にルールがあるように人間社会にもルールを作った。

このように意思の始まり、そして創造という行為が全ての始まりになったのです。

人は自然の法則を知り、自然の法則を利用し、この地に理想世界を作ろうとしている 。

意志という目に見えないものから目に見えるものを作ろうとしている